ナビゲーションバーをスキップして本文へ

ここから本文です。

入院される方へ

入院の手続きについて

  • ■入院が決まれば日取りその他について打ち合わせをします。
    • ・入院での駐車料金割引はありません。車でお越しの際はご注意ください。
  • ■入院手続きに必要なもの
    • ・入院申込書及び入院誓約書
    • ・診察券(オレンジ色のIDカード)
    • ・保険証・印鑑
    • ・各認定証・受給者証・その他医療関係書類
      老人医療・高齢受給者証・自立支援認定証・母子手帳など
    • ・過去3ヶ月以内に入院歴があった場合、その病院の発行する退院証明書
  • ■入院中に保険証の記号番号の変更や住所の移転などがある場合は、ナースセンターまでお申し出ください。

入院される時お持ちになるものは

■次の日用品を参考にご用意ください。

洗面

洗髪用具

洗面器・歯ブラシ・石鹸・シャンプー・ヘアブラシ・ひげそりなど
食事用具 はし・湯のみ・スプーン・吸い飲みなど
日用品 下着・タオル・バスタオル・スリッパ・ティッシュペーパー・ゴミ箱など
  • ・ご希望により、ねまき(病衣)を利用できます(1日につき50円)。
  • ・寝具は病院で用意します。
  • ・当院や他の病院の薬を服用しておられる方はお持ちください。
  • ・オムツの必要な方は、当院で準備しております(実費負担)。
  • ・盗難防止のため多額の現金や貴重品はお持ちにならないようお願いします。入院の際、『貴重品入れ袋』をお渡しします。

看護について

  • ・当院では患者さま負担による付き添いは認めておりません。
  • ・患者さまの病状により、ご家族または親族の付き添いを希望される方は、看護師または主治医にご相談ください。

お食事について

当院では、保温食器を使用しています。 食事時間
朝食 午前 7:30
昼食 午前 12:00
夕食 午後 6:00
  • ※病状によっては特別な食事が用意されますので、飲食物はお持ち込みにならないでください。
  • ※食事についてのご質問があれば、医師、看護師を通じて栄養士がお答えします。

施設及び設備について

  • ・給湯器・トースター・電子レンジ・洗濯機(有料)があります。ご利用ください。
  • ・駐車場のご利用は外来患者さまのみとなっています。入院期間中の駐車はお断りしていますので、あらかじめご了承ください。
    お見舞いの方の駐車は有料になります。
  • ・冷・暖房完備
  • ・金融機関のATM機が表玄関にあります。
  • ・売店(1階にあります。)

入院費のお支払について

毎月末(退院される時はその日)に締め切り計算し、翌月10日前後(退院される場合はその日)に請求書をお渡ししますので、納期限までにお支払ください。

平日 8:30~17:15 待合ロビー 支払い窓口
17:15~ 守衛室
土・日・祝祭日 終日 守衛室
  • ・入院中に外来を受診された場合、医療費は入院料のなかに含まれます。ただし、口腔外科(歯科)の料金については、その都度お支払いください。
  • ・入院費についてのご相談、不明な点などは、お支払いいただく前にナースセンター、または医事係でお尋ねください。
  • ・特別室・個室へ入室される場合の室料は自己負担になります。医師または看護師にご相談ください。
第1病棟
個室 A 6,825円
B 3,675円
C 3,150円
2人部屋 D 1,575円
  • ・領収書は、高額医療費の払い戻し、所得税の医療費控除などに必要となりますので、大切に保管してください。
  • ・振込みにより支払いされる場合は、下記の口座へお願いします。
金融機関 伊予銀行 八幡浜支店
口座番号 普通 1011018
口座名義 市立八幡浜総合病院
開設者 八幡浜市長 大城一郎

クリニカルパスについて

当院では主な疾病についてクリニカルパスを導入し、クリニカルパス委員会でパスの作成及び見直しを行っています。入院中の診療スケジュールを確認していただくとともに、入院費の目安として参考にしていただきます。

  • ■クリニカルパスとは
    クリニカルパスとは、病気を治す上で必要な治療・検査やケアを標準化した診療スケジュール表のことです。患者さまの病状によって変更する場合があります。 治療内容とスケジュールを明確にしたことで、その日の検査、いつ手術をして、いつ頃退院できる、ということが分かります。患者さまの入院生活の不安を少しでも軽減するとともに、スタッフのスムーズな医療サービスの提供を果たすために欠かせないツールです。
  • ■クリニカルパスの特徴
    クリニカルパスは、医療スタッフ用と患者さま用の2つがセットになり、入院から退院までの治療計画を共有します。クリニカルパスには退院目標(アウトカム)を設定し、これが回復の過程の目安となります。治療経過が計画より逸脱(バリアンス)した場合は、その情報を収集・分析して医療内容の改善に役立てていきます。
  • ■クリニカルパスの効果
    クリニカルパスを導入することで、患者さま、医療スタッフ双方にいろいろな効果が期待できます。
    1. 1.患者さまにとって
    2. ・入院から退院までの治療過程が分かるので、安心感を持てます
    3. ・治療内容が分かることで、医療スタッフとのコミュニケーションが活発になります
    4. ・患者さまが積極的に治療にのぞむことができます
    5. ・適切な医療提供によって、入院日数が短くなります(医療費を抑えることができます)
    6. 2.医療スタッフにとって
    7. ・診療情報をスタッフ間で共有することができます
    8. ・情報を共有することで、事前に行うべき医療内容が明確になります
    9. ・インフォームドコンセントを充実させることができます
    10. ・医師の方針による治療法・検査法のバラツキを防ぎます
    11. ・診療の質を保つことができます
    12. ・医療コストを削減できます
    13. ・新人の育成に有用です

クリニカルパスには、上記のような効果が期待できる反面、診療に柔軟性がなくなるといった医療スタッフの負担や計画から逸脱した時に患者さまが不安を感じたりする、というデメリットを持っています。

クリニカルパス(入院費の目安一覧)

入院中の過ごし方について

ご自分の病気のことや検査、治療について疑問があれば、医師や看護師にご相談ください。
外出
外泊
主治医の許可が必要です。
病棟看護師にお申し出ください。
洗濯 病院内に洗濯設備があります (有料 洗濯100円・乾燥100円)
【使用時間 午前7時~午後7時】
有料ですが、病院の委託業者に依頼することもできます。
電気
器具
電気器具の持込は禁止しております。
テレビはカード式になっております。必ずイヤホーンでお聞きください。
精算機により返金が可能です。
電話 電話は各階の公衆電話を利用してください。
消灯(午後9時)後の電話は緊急以外は取り次ぎいたしません。なお、電話は短時間にお願いいたします。
携帯電話は医療機器に重大な影響を及ぼしますので電源をお切りください。
職員が使用しておりますPHSは、院内用低出力のもので、医療機器などに影響はありません。
  • ・院内は禁煙になっております。
  • ・患者さまあての郵便物は、「○病棟○階○○科」と明記してください。
  • ※病気の程度や手術の前後、男女別の都合で病棟内や他の病棟にお部屋を替わっていただくことがあります。ご了承ください。

退院について

  • ・退院は必ず主治医の許可が必要です。
    退院日等については、病棟師長とご相談ください。
  • ・退院までの入院費は、退院当日に請求書をお届けしますので、待合ロビー支払窓口でお支払ください。(土・日・祝日は守衛室で)
    ただし、退院当日が休日の場合は、後日医事係で請求書をお渡しします。
  • ・次回受診日を確認しておいてください。
  • ・床頭台の中に薬などの忘れ物がないようにお確かめください。

その他

  • ・相談窓口 入院について分からない点や、お困りの点がありましたら、病棟看護師長または、受付相談窓口にご相談ください。
  • ・当院は患者さまの個人情報保護に全力で取り組んでおります。取り扱いについてお気づきの点は、相談窓口までお気軽にお申し付けください。
  • ・診断書の必要な方は、ナースセンターまでお申し出ください。
    その他、入院について証明書等が必要な方は、所定の用紙をお持ちください。
  • ・退院後に証明書等が必要な場合は、入院されていた診療科の外来受付にお申し出ください。

※医師をはじめ、病院職員へのお心づけは一切お断りいたします。