ナビゲーションバーをスキップして本文へ

ここから本文です。

タイトル画像

看護教育体制

■教育目的

  • ・職場における学習を充実させ、専門職業人として看護の質の維持・向上を図る。
  • ・職業人としての自己啓発と能力の拡大を図るため、生涯学習を支援し、看護に対応できる実践能力を養う。

■院外体制

  • ・院外研修
    • 受講料・交通費・宿泊の補助があります
    • 看護協会・各種団体主催の研修参加を推奨しています
    • 長期研修
    • 臨床指導者研修
    • 管理者研修(ファースト・セカンド・サード)

■教育実習

  • ・看護学生の臨地実習受け入れ
    • 帝京第五高等学校
    • 城南高等学校
    • 徳島県立看護学院
    • 訪問看護
  • ・職場体験学習受け入れ
    • 八幡浜市内中高等学校
  • ・看護力再開発講習
    • H21年度から実施(3日間コース)

    ■講師派遣

    • ・認定看護管理者セカンドレベル教育
    • ・南予MC西予ICLSコース
    • ・糖尿病予防教室
    • ・中学生への性教育
    • ・母性看護(看護専攻科)

■院内体制

新採用者
教育
1週間(オリエンテーション・集合教育
レベルⅠ
〔入職1年目対象〕
  • ・看護職員として、必要な基本姿勢と態度を身につけることができる
  • ・患者の安全安楽を確保し、基礎的看護技術が実践できる
  • ・看護における管理的側面を理解することができる
レベルⅡ
〔入職2年目対象〕
  • ・受け持ち患者の看護を主体的・計画的に実践できる(根拠に基づいた看護技術の提供ができる)
  • ・看護を通して自己を振り返り、看護観を深めることができる
  • ・メンバーとしての自己の役割を理解し、メンバーシップが発揮できる
レベルⅢ
〔入職3年目対象〕
  • ・看護実践において、リーダーシップを発揮し、必要時助言・指導ができる
  • ・看護実践における課題を明確にし、創意工夫して問題解決ができる
レベルIV
〔入職4年目対象〕
  • ・看護研究のプロセスが理解でき、発表することができる
プリセプター研修
〔プリセプター対象〕
  • ・プリセプターが自分の役割を理解しプリセプティを円滑に受け入れることができる
  • ・1年間の体験を通し、自己の成長へと繋げることができる
中堅研修
〔入職5年目以上対象〕
  • ・中堅看護師として、自己成長ができ指導することができる
実地指導者研修
〔リーダー対象〕
  • ・新人看護職員の職場への適応状況を把握し、新人看護職員への基本的な看護技術の指導及び助言ができる

研修風景

研修風景
リーダー研修で報連相に関連した、伝承ゲームをしています「うまく 伝わったかな・・・」

研修風景
中堅研修で気管内挿管時の介助を皆が同じようにできるよう実演しています


新人教育で持続吸引の方法を説明しています。一人ずつ、器械に触って学習しています
研修風景人工呼吸器 聞いて、見て、触って・・・