ナビゲーションバーをスキップして本文へ

ここから本文です。

認定看護師

皮膚・排泄ケア認定看護師 浅井 美香

皮膚・排泄ケア認定看護師とは、創傷・褥瘡、人工肛門・人工膀胱(ストーマ)、排泄に関連した専門的な教育を受けた看護師のことを言います。

当院においては、褥瘡管理者として褥瘡対策委員会に所属し、褥瘡発生の予防策や褥瘡のある患者様への、 入院中からストーマ外来をとおしてストーマに関するケアおよび皆様が日常生活をよりよく過ごされるための援助を提供するなどの活動を行っています。

感染管理者認定看護師 高橋 正人

感染管理認定看護師の役割は、専門的な知識と技術を用いて患者様やご家族さらに病院内で働くすべての職員を感染から守ることです。

現場における感染対策の実践しやすい環境作りや、感染制御のために必要な知識の普及・指導・相談など、医療スタッフが統一した感染対策を実施できるように努力し、 安全・安心・信頼のある医療サービスを提供していきたいと思います。

感染対策の重要性を職員ひとりひとりが理解し、組織全体として取り組むことが出来る感染対策を目指して活動していきたいと考えています。

摂食・嚥下障害看護認定看護師 清水 義貴

摂食・嚥下障害看護認定看護師の役割は、摂食・嚥下機能の評価及び誤嚥性肺炎、窒息、栄養低下、脱水の予防に努めること。 また、適切かつ安全な摂食・嚥下訓練の選択及び実施です。

当院の入院患者様の中には脳梗塞や、純粋に加齢に伴う筋力の低下などから、口から食べることが困難になる場合も多くあります。 そのような患者様に対して、専門的な評価や訓練を実施することで、安全に少しでも口から食べてもらえるように日々活動しております。

「誰にでも口から食べるチャンスを!」という気持ちを常に胸に持ち続けて今後も患者様と関わっていきたいと思います。