ナビゲーションバーをスキップして本文へ

ここから本文です。

医療情報管理室

業務内容

医療情報管理室では、退院された後の患者さまの大切な入院カルテの保管やカルテに記載された様々な情報を、コンピューターにデータベースとして蓄積し、病院診療や運営・さらには研究の為に役立てています。当院では専門職である診療情報管理士がその業務を担っています。年間約4000冊のカルテを3人のスタッフで処理しています。

大切に保管ほんの一部です。院内の数箇所に大切に保管しています。保管場所を作るのも一苦労です。
コンピューターシステムカルテの情報を入力したり、カルテの保管管理を行う最新のコンピューターシステムです。

診療情報管理士って?

診療情報管理士とは、カルテなどの診療情報の保存管理や内容の点検行う「カルテ管理」、診療情報をコード化するなどしてデータベースを構築する「情報管理」、構築されたデータベースから必要な情報を抽出・加工・分析する「情報活用」の3つの業務を行う専門職です。医療情報を扱う為、病気の事はもちろん、手術や処置などさまざまな医学知識が欠かせません。当院では看護師が資格を取得して管理業務を実施させて頂いています。

カルテの保管は?

診療録(医師が記載)において法律では診療完結(病気が治って病院に受診しなくなって)から5年間保存しなければならないとなっています。5年間で廃棄してしまう施設がありますが、当院では早くから10年保存を行っていました。しかし近年の薬害など、様々な問題から当院では平成20年以降から診療録は永年保存する事となりました。平成22年1月現在で入院カルテの保管冊数は約6万冊で、膨大な量となっています。この膨大なカルテを管理するために、平成20年より最新のコンピューター管理システムを導入しています。)