ナビゲーションバーをスキップして本文へ

ここから本文です。

病理・細胞検査

病理・細胞検査

病理・細胞検査室では、内視鏡検査や手術で患者様の体より採取された組織や細胞から、病理標本を作成し「病理診断」を行っています。組織の切り出しや標本作成、切り出し図の作成など、まだまだ機械化されていない業務が多く、手間と時間のかかる部門です。

 

「病理診断」には特殊な技術や知識が必要とされ経験を積んだ専門の病理医が診断を行っています。


 細胞診断では細胞検査士が擦過、穿刺および吸引などで得られた剥離細胞を悪性か良性かの判断をしています。


 病理解剖はご遺族の承諾のもと、患者様のご遺体を解剖させていただき、生前の診断や、病気の進行程度、治療の適否、そして死因は何かをいうことを調べます

機械化されていない業務が多く、手間と時間のかかる部門です。
病理診断

臨床病理一覧