ナビゲーションバーをスキップして本文へ

ここから本文です。

生化学検査

生化学検査

血液は、体の外に出ると、固まる性質があります。これを凝固と言いますが、遠心機で分離すると液体成分と固形成分に分かれます。主にこの内の血清(液体成分)を利用して検査を行っています。
体の栄養状態を診るタンパクやアルブミン、糖尿病の検査では、血糖やヘモグロビンA1cなど、肝機能検査ではAST(GOT)・ALT(GPT)・γ-GTPなど、腎機能検査では尿素窒素・クレアチニン・尿酸など、高脂血症の検査では、総コレステロール・中性脂肪を測定しており、その他電解質(ミネラル成分等のバランスを見る)や血液中のガスを調べる検査などがあります。

 

生化学検査

これらの検査を組み合わせることによって、各種疾患の診断や治療に役立っています。血液以外では、尿や髄液、体腔液なども検査の対象になります。

生化学検査は、検体数や検査項目数が多いため、自動分析装置を用いて測定しています。当院では処理能力、洗浄能力共にすぐれた自動分析装置を採用し、迅速で質の高い検査データを報告することができます。

 

生化学検査

免疫血清検査

免疫血清検査では、HBs抗原やHCV抗体、梅毒、ATLAなどウイルス感染の有無を調べる感染症の検査や、CEA、AFP、CA19-9など腫瘍細胞が産生し、血液などの体液中に検出される物質で、悪性腫瘍の診断、経過観察に役立つ腫瘍マーカー、その他甲状腺ホルモンやフェリチン、インスリン等の検査を行っています。

 自動分析装置を用いて検査するほか、用手法でも検査を行っています。迅速キットを用いて、インフルエンザ抗原、アデノウイルス抗原、ストレプト抗原、RSウイルス抗原、マイコプラズマ抗体、リウマチ因子を検出する検査を行っています。
免疫血清検査

緊急検査

緊急検査は、救急搬送の患者様や、入院中に病態が急に悪化した患者様などに備えて、365日24時間体制で行っています。
 ここでもユニークなシステムがとられており、休日昼間には日直を、夜間には近隣の技師がすぐに駆けつけるというオンコール制をとっています。 ですから臨床検査技師のための宿直室は必要無く、職場のふところにもやさしい宿直体制となっています。しかも緊急用の分析機ではなく、生化学検査、血液検査、一般検査などすべてルーティーン検査と同じ機器を使い、正確なデータを提供しています。

臨床病理一覧