ナビゲーションバーをスキップして本文へ

ここから本文です。

細菌検査

細菌検査

■細菌検査とは
 細菌検査室では、喀痰、尿、便、膿、血液などから、種々の感染症に関連している菌を発育させ、どのような菌に、どのような抗菌薬が効くのかを調べます。また、毎月の統計資料作成や、院内の環境培養検査を行い、院内感染対策に必要な情報の提供を行っています。
■検査の流れ
 提出された材料を染色し顕微鏡で観察します。熟練した技師は、ある程度まで菌を推定することも可能な場合があります。次に検体を目的菌に応じた培地に塗り、1~2日間フラン器で培養し菌を発育させます。菌によっては酸素を含まない培養や、CO2を多く使用した培養なども行っています。 発育した菌の中から、必要と思われる菌をさらに増殖させ、次段階である同定・感受性検査へと移ります。この過程は自動機器により行いますが、1度の検査で発育してきた菌がどのような菌種なのか、またどのような抗菌薬が有効であるのかという検査を行うことが出来ます。 最後に、技師が同定された菌種などの確認を行い、臨床の先生方に報告して、患者様の治療に役立てていただいています。
01.png(428982 byte)

臨床病理科検査一覧