ナビゲーションバーをスキップして本文へ

ここから本文です。

血液検査

血液検査

■血液検査
血液検査は、貧血スクリーニング、凝固機能検査、骨髄液検査、鼻汁好酸球などの検査を行っています。貧血スクリーニングは、自動血液分析装置を用い、赤血球数、白血球数、ヘマトクリット値、ヘモグロビン量、網状赤血球数、血小板数、白血球分類などを検査します。技師は自動分析機から出された結果を判定し、異常値の場合や血液疾患が推定される場合は顕微鏡でさらに精査をします。
 赤血球は全身に酸素を運び二酸化炭素を持ち去ります。血液中の赤血球の体積のことをヘマトクリット値と言い、赤い色の事をヘモグロビン(血色素)と言います。このような項目で貧血の状態を測定しています。白血球には感染、免疫、アレルギーに関係する細胞があり、数や白血球形態を調べることで診断が確定することもあります。
■輸血検査
輸血検査手術や交通事故の出血などで、血液を輸血しなければならない時、その血液や血液成分が患者様に適合するかどうかを調べ安全に輸血できるようにします。主にABO、Rh血液型、交差適合試験、不規則抗体検査などをやっております。また血液製剤は輸血部門で一元管理されており、自己血の保管や、血液センターへの発注、管理、他施設への出庫も大切な仕事のひとつです。
■一般検査
一般検査は尿、便、胸水、腹水、髄液等を検体として扱っています。尿からは色々な成分(タンパク、糖、ウロビリノ-ゲン、ケトン体、潜血など)の定性検査や結晶や細胞などの有形成分を分析機で測定しています。また血尿、乳び尿等など見るからに異常な尿や定性検査で疾病が疑われる検体は遠心して沈渣を顕微鏡で見て調べます。便からは消化管からの出血の有無や寄生虫、寄生虫卵の有無を調べます。


臨床病理一覧