ナビゲーションバーをスキップして本文へ

ここから本文です。

臨床病理科

臨床病理科

 臨床病理科では採血、血液・生化学・免疫・細菌検査・輸血検査・病理・細胞検査、生理機能検査を行っています。早期診断・治療に役立つよう、「正確で早く」をモットーに検査結果等の情報を提供しています。
 検体検査室ではある一定の時間帯に検体検査が集中しないよう時間差出勤を行い、外来診療が始まる前の時間帯に入院患者様の検体検査を、続いて8:00からの外来患者様の検査は、何度も足を運ぶことなく当日に説明が受けられるよう、特殊な検査以外は1時間以内の結果報告を心がけております。そのため検査に使用する自動分析機は中型の装置を主体に、小回りの利く装置で対応しています。病理・細菌検査、システム管理なども同じスタッフが担当し、コンパクトで機能的な検査室となっております。
なし
 生理機能検査室では心電図・超音波検査を中心に、脳波などの神経検査、呼吸機能検査、24時間心電図解析や睡眠時呼吸解析、持続血糖測定検査など、多領域の検査・解析業務を行っています。長い待ち時間が生じないよう、効率的なスタッフの配置を可能にすべく検体検査室との掛け持ち制を採用しています。
 多くのスタッフが検体検査・生理機能検査に関わることで、適切な業務、効率的なスキルアップ・人材育成の方法を自ら考える検査室を、またスタッフ間の目標を共有し、知恵を出し合いながら、積極的に学会発表や認定資格の取得を行い、質の向上を追求する検査室を目指しています。日進月歩の医療の中で、常に質の向上を目指し、地域医療に貢献できるよう取り組んで参ります。

臨床病理科検査一覧