ナビゲーションバーをスキップして本文へ

ここから本文です。

リハビリテーション科

受付時間

科別 受付
曜日 午前 午後
リハビリテーション科 月~金 8:30~12:00 入院のみ
  • ※ご不明な点がございましたら、メールまたは当科までご連絡ください。

スタッフ

PT6名
OT3名
ST2名
アシスタント4名




スタッフ一同

リハビリテーション施設基準・対象疾患

  • 運動器リハビリテーション科I
    • 外傷、骨折、切断、運動器不安定症 等
  • 呼吸器リハビリテーション科I
    • 慢性閉塞性肺疾患、気管支喘息、人工呼吸器管理、結核、肺炎、無気肺 等
  • 脳血管リハビリテーション科II
    • 脳出血、脳梗塞、頭部外傷、脊髄損傷、パーキンソン病、高次脳機能障害、廃用症候群 等
  • 摂食機能療法

理学療法

理学療法の施術

運動療法により、関節の動きを良くして、筋力を改善し、身体機能の改善を図ります。

理学療法の歩行訓練

座位、立位、歩行などの基本的動作の練習を行い、日常生活動作の向上を図ります。

物理療法

物理療法の機械

温熱療法としてマイクロウェーブとホットパック、電気刺激療法として低周波治療、その他腰椎頸椎牽引療法が実施でき、患部の消炎・鎮痛を図ります。

作業療法

作業療法

身体・認知機能訓練と並行して日常生活活動(食事・トイレ・更衣・整容・入浴など)や家事活動(炊事・洗濯・掃除など)がご自身で行えるようにアプローチします。


作業療法の評価道具

脳卒中発症後、高次脳機能障害(認知・思考・記憶などの障害)が認められる患者様がおられます。 上記写真の評価道具から症状を把握し、社会復帰や職場復帰の手助けを行います。

作業療法の道具

身体機能障害が出現した場合、ご自分で食事や更衣、入浴などの日常生活を行うことが困難となります。 そこで福祉用具を選別・提供し、ご自身で動作が遂行できるように手助けを行います。

言語聴覚療法

言語訓練

脳卒中後の後遺症として失語症や構音障害といった言葉の障害が残ることがあります。 文章の音読や書字の他に、聴覚的に単語や文章を聞いたり、口や顔面を動かしたり、多面的に言語訓練を実施します。

摂食機能療法

嚥下障害の検査・評価

主に脳卒中後の嚥下障害(うまく水や食べ物の飲み込みが出来なくなる状態)に対して、リハビリテーションを行っています。 嚥下障害の原因は何なのか検査・評価し、病棟看護師とも連携の上、必要な訓練を実施します。