ナビゲーションバーをスキップして本文へ

ここから本文です。

泌尿器科

井出 志正 理学療法士 第33回日本老年泌尿器科学会で学会賞を受賞

 当院の井出 志正 理学療法士が、2020年9月に奈良市で開催された第33回日本老年泌尿器科学会において、学会賞を受賞いたしました。
 発表演題は、「前立腺全摘除術後尿失禁の継続的な骨盤底筋訓練指導の必要性~2年以上尿失禁が継続した症例への介入~」で、これまで改善が困難と言われてきた術後長期間尿失禁が持続する患者さんでも、適正にリハビリを修正すれば失禁が大幅に改善する ないし 止まる という内容です。(多くは他院で手術された地元の患者さんです)
 これまでの泌尿器科の定説を覆したことが評価されました。詳しい内容は、論文になっていますのでご参照ください。
 その効果もあって、県内にとどまらず県外からも、尿失禁でお困りの患者さんに来院いただけるようになってまいりました。お困りの方は、ぜひご相談ください。
今後とも、排尿ケアチームとして精進していく所存です。