ナビゲーションバーをスキップして本文へ

ここから本文です。

脳神経外科

外来診療案内はこちら

科の特徴

脳卒中、頭部外傷、脳腫瘍、脳変性疾患、小児奇形、脊髄疾患などが脳神経外科の対象疾患になります。当院では脳卒中、頭部外傷が診療の中心となっています。脳腫瘍、脳変性疾患、小児奇形などは愛媛大学と協力して診療を行います。

医師紹介

氏名 専門
河内 正人
(こうち まさと)
科長 日本脳神経外科学会専門医
田川 雅彦
(たがわ まさひこ)
嘱託 日本脳神経外科学会専門医
日本脳神経血管内治療学会専門医
西川 真弘
(にしかわ まさひろ) 
嘱託 日本脳神経外科学会専門医

その他(特徴的な医療機器等)

  • ・高速らせん走査型CT(従来よりも短時間で脳のX線断層撮影、血管撮影を行う装置)
  • ・超伝導MRI(脳をいろいろな方向から観察、同時に血管の状態を見極める装置)
  • ・脳SPECT(脳の血流や腫瘍の性状をカラ-写真で描画し解析する装置)
  • ・デジタル・サブストラクション・アンギオグラフィー(コンピューター処理により血管をより精密に検査する装置)