ナビゲーションバーをスキップして本文へ

ここから本文です。

タイトル画像

外来診療案内はこちら

医師紹介

氏名 専門
上村 重喜
(うえむら しげき)
院長 循環器(特に心血管インターベンション治療)
 日本内科学会指導医・総合内科専門医・認定内科医
 日本高血圧学会指導医
 日本循環器学会専門医
 日本医師会認定産業医
酒井 武則
(さかい たけのり)
部長 糖尿病の診断と治療
 日本内科学会指導医・総合内科専門医・認定内科医
 日本糖尿病学会指導医・認定医
 日本消化器内視鏡学会専門医
 日本消化器病学会専門医
 日本病態栄養学会評議員
 NSTコーディネーター
 愛媛大学医学部非常勤講師
 愛媛糖尿病対策推進会議実施委員会委員
 医師臨床研修指導医
 糖尿病協会愛媛支部理事
仙波 尊教
(せんば たかのり)
科長 一般内科診療
 日本内科学会認定内科医 ICD
中野 憲仁
(なかの のりひと)
医長  
岡田 英之
(おかだ ひでゆき)
医員  
榎本 大次郎
(えのもと だいじろう)
医長  
田中 徹也
(たなか てつや)
医員  
仙波 英徳
(せんば ひでのり)
非常勤  
鎌田 洋一郎
(かまだ よういちろう)
非常勤  
越智 雅之
(おち まさゆき)
非常勤  
片山 均
(かたやま ひとし)
非常勤  
古川 慎哉
(ふるかわ しんや)
非常勤  
井上 弘子
(いのうえ ひろこ)
非常勤  
高橋 光司
(たかはし こうじ)
愛媛大学地域救急医療学講座
准教授
循環器内科、内科救急
 日本内科学会認定総合内科専門医・認定内科医
 日本循環器学会認定専門医
 日本医師会認定産業医
 JMECCインストラクター
 ICLSインストラクター
大蔵 隆文
(おおくら たかふみ)
非常勤  
川上 大志
(かわかみ ひろし)
非常勤  

内科全体

 内科は、一般内科医(糖尿病、血液、感染症を含む)3名と循環器内科医1名で診療しています。糖尿病・高血圧・心臓病の外来も設けています。

内科医師数の減少に伴い平成20年より消化器内科は消化器科として外科で対応しています。

 また、愛媛大学医学部の応援で週に1回の神経内科外来、月1回の糖尿病外来を行っています。

循環器、消化器科を中心に内科全般に対応しています。また糖尿病、高血圧、心臓病、肝炎などの特殊外来も設けています。

循環器:八西地区では唯一急性心筋梗塞に対して血管形成術などの治療が24時間対応可能です。

消化器:平成19年より消化器内科専門医師の不在により、診療に制限があります。

糖尿病:専門外来や教育入院、糖尿病教室、患者会などの活動を行っています。

各内科の検査・治療(特徴的な医療機器等)

■循環器科

 循環器内科は、急性心筋梗塞をはじめとする急性冠症候群に対しての緊急カテーテルインターベンション(血栓吸引・バルーンによる拡張・ステント留置)や、 不整脈に対する緊急一時ペーシング挿入および急性心不全に陥った患者様に対して24時間体制で対応しています。また、待機的な心臓カテーテルインターベンション、 不整脈に対しての恒久式ペースメーカー植え込み術及び末梢動静脈疾患に対してのカテーテルを用いた血管内治療を行っています。

 地域の医師会の先生方との連携強化のため懇話会を開き、情報交換を含めた学習会を開催しています。 より多くの先生方の協力のもと、安心した医療が提供できるよう努めていきます。

検査

  • ・心臓超音波検査(心エコー)
  • ・24時間心電図検査
  • ・トレッドミル運動負荷心電図検査
  • ・負荷心筋シンチグラフィー
  • ・冠動脈造影検査(血管内超音波検査も可能)

治療

  • ・冠動脈形成術(バルーンやステントによる冠動脈の拡張)
  • ・ペースメーカー植え込み術
  • ・下大静脈フィルター留置術

■糖尿病内科

 糖尿病診療は、医師会のご協力の下に地域全体で行う体制(病診連携)を進めています。 すなわち、入院が必要な病状悪化時や血糖が乱れて治療方針の変更が必要なときはもちろんですが、コントロールがよい患者様も年に1~2回は動脈硬化や腎臓の検査など合併症の評価のために当院を受診していただきながら、血糖などの通常の診療は診療所で治療していただく体制を取っています。 限られた医療資源を有効に利用し、地域として透析など重症化を予防する当院の糖尿病の病診連携体制は県内外で注目を集めています。

 

・糖尿病診療

  • 糖尿病外来
  •   再診 火曜日午後(応援医)、水曜日、木曜午後、金曜日午前
        (病診連携 月曜日)
      新患 木曜日午前
        上記すべて予約制です。
        (新患はかかりつけ医の紹介状または健診結果が必要です。)
  • 教育入院
  • 糖尿病の知識、適切な食事・運動療法をご理解・体得していただいています。 なお、年々糖尿病は若年化し、現役世代の糖尿病の方が増え入院ができない患者様も多くなってきています。 可能な限り入院ではなく外来で指導を行っていますが、入院を希望される方には、患者様のご都合に合わせて各種コースを準備しています。

    1週間コース2週間コース ・腎症コース・週末コースなど

  • 検査入院
  • 低血糖をよく起こしコントロールがつかない患者様に対してその原因を追及する検査 (CGM 持続血糖モニタリング)を行っています。

  • 病診連携
  • かかりつけの先生との連携(病診連携)を積極的に推進しています。 遠方で、または忙しいなどの理由で定期的な通院が困難な患者様は、毎月の血糖測定などを近くのかかりつけの先生のところで行い、 年に1回の合併症の検査を当院で行っています。 もちろん入院が必要なときやコントロールが悪化したとき、合併症が新たに出現したときには、適宜当院への受診となります。 現在約500人の患者様と病診連携を行っています。

  • 糖尿病療養指導
  • 糖尿病療養指導士を中心に各専門職が糖尿病の生活・療養を支援するために、 栄養指導糖尿病教室など各種 チーム医療を行っています。