ナビゲーションバーをスキップして本文へ

ここから本文です。

病院沿革

病院の沿革

年月日 記事 病床数
昭和3年11月

現在地に町立八幡浜総合病院開設(八幡浜市大平1番耕地638番地)

(診療科目)内科・外科・眼科・産婦人科 (建物)3棟延3,976.8㎡

57床
昭和10年2月 市制実施により市立八幡浜病院と改称
昭和21年8月 耳鼻咽喉科新設
昭和25年6月 小児科新設
昭和26年10月 一般病床14床・結核病床59増床 130床
昭和26年10月 東病棟(結核)増築(20床) 150床
昭和28年8月 北病棟(結核)増築(50床) 200床
昭和28年10月 歯科新設
昭和29年4月 皮膚泌尿器科新設
昭和31年6月 北二病棟(結核)増床(60床)
(一般、結核病室を一部変更 一般130床・結核130床)
260床
昭和35年4月 本館落成 (延面積)2,943.5㎡鉄筋コンクリート2階建2棟
昭和35年7月 市立八幡浜総合病院と名称変更 理学診療科新設
昭和35年8月 一般病床22床増築 282床
昭和35年10月 整形外科新設
昭和35年6月 一般病床67床増床 結核病床20床減少 329床
昭和39年6月 病棟落成(第2病棟)鉄筋コンクリート5階1棟延3,188.54㎡ 病床数180床
旧病棟一部取り壊し転用により一般病床219床・結核病床110床
昭和39年9月 一般病床31床増設 360床
昭和40年 医師住宅C棟建設4棟
昭和41年2月 呼吸器科新設
昭和42年7月 理学診療科を廃止し、放射線科と改める
昭和48年4月 理学療法科新設
昭和53年2月 本館増築鉄骨3階建延227.25㎡
昭和53年10月 第1病棟落成 鉄筋コンクリート地上7階建地下1階延8,194.68㎡
病床数(一般)255床(ICUほか)6床
昭和53年12月 循環器科、脳神経外科新設
皮膚泌尿器科を皮膚科、ひ尿器科に改める
昭和54年3月 第2病棟改造完了 (一般)44床・(結核)80床
一般病床49床・ICUほか6床増床・結核病床30床減床
385床
昭和57年3月 CT棟及び看護婦宿舎増築
CT棟(診療部分)547.21㎡ 地下1階地上1階(CT設備・X線TV)
看護婦宿舎分352.03㎡
昭和59年4月 第2病棟改造(2階)
一般病床40床増床(一般病床345床)
425床
平成元年3月 付属駐車場落成 鉄筋造地下1階地上1階屋上(庭園外)延5,240㎡
収容台数204台(地下1階103台 地上1階101台)
平成3年6月 医師住宅新設落成 鉄筋造地下1階地上4階 16戸
平成4年6月 医師住宅新設落成 鉄筋造地上5階 10戸
平成4年 医師住宅C棟建設4棟改築
平成4年10月 消化器科新設
平成7年10月 結核病床40床減床 385床
平成10年3月 中央診療棟落成 地上3階 延べ639㎡(1階血管造影室)
(旧女子寮改修 管理棟として利用)
平成10年8月 歯科廃止
平成11年4月 感染症床2床 増床 387床
平成11年5月 外来診療棟(本館)改修完了、人工透析室の新設、急患センター移転等
歯科口腔外科新設
平成11年12月 結核病床40床減床 347床
平成12年2月 第2病棟改造(4階)感染症病舎
一般病床30床 療養型病床群へ移行
平成12年3月 感染症病床を旧隔離病棟から2-4病棟一部を改装して移動(2床)
平成13年11月 麻酔科新設
平成15年7月 第1病棟増築9.24㎡
予備室(感染症診察室として使用)
平成16年1月 女性専用外来開始 第2、4木曜日(外来産婦人科内)
平成16年2月 2-1病棟 障害者病棟群へ移行(33床)
平成17年10月 放射線科 第1病棟撮影室・MRI室改修(MRI新規入替)
平成19年4月 病棟再編 病床数 一般 310床 感染症 2床 計312床
(療養型病床廃止・2-1病棟用途変更)
312床
平成26年6月 病棟再編 病床数 一般 306床 感染症 2床 計308床 308床
平成27年5月 病院建替え、一期工事完了、新病棟稼働開始
平成28年9月 病院建替え、二期工事完了
本館 鉄筋コンクリート地上6階建延17,265.05㎡、
別館 鉄筋コンクリート地上2階建延934.16㎡
病床数(一般)254床 (感染床)2床 計256床